太陽光発電の悪徳業者について|危険な業者を見抜く5つのポイント

売ったら売りっぱなし、工事の際の職人と営業担当の対応、大体の概算で見積もりを出し、後で追加分工事のお金を請求する業者、見積もり書を置いていかない… など高価な太陽光発電システム購入に際し、このような話しが後を断ちません。
太陽光発電は、お客さまの大切な財産となるものです。価格ばかり追ってしまうとこんな危険が…

工事が雑な業者

素人目にはしっかりとした工事に見えてもプロが見ると信じられない工事をする業者が実際にいるそうです。

杜撰な工事

発電効率が悪くても無理に取り付ける業者

太陽光発電システムは、お客さまの屋根の形状、方角などの日照条件によって、導入してもほとんど意味がないことがあります。しっかりと設置条件を調べてくれ、導入すべきかどうかを親身に考えてくれる業者さんを選びましょう。

太陽光発電のメリットしか語らず、無理にシステムを取り付けようとする業者にはくれぐれも気をつけましょう。

屋根から大きくはみ出してパネルを取り付ける業者

屋根からはみ出すほどのパネルを取り付けようとする業者がいます。
確かに、パネルを増やせば発生する電気は増えるものです。しかし、裏を返せば、業者さんの売り上げも伸びるということです。

気をつけていただきたいのが、屋根からはみ出してしまうような取り付けではメーカーの保証を受けることが難しくなります。
メーカー保証がない = 国の補助金は交付されません。コストや保証、発電効率などを総合的に考えて施工してくれる業者さんを選びましょう。
※メーカーの正規施工資格を持っている業者さんか確認をとりましょう。

書面をもらえない

会話の中だけの約束で、見積もり書や図面などの書類を渡さずに、契約を迫る業者には要注意。後々のトラブルにならないように、大切な事柄は必ず書面でもらってください。

こんな常套文句には気をつけてください。

・絶対に光熱費がゼロになります!
・充分な発電が保証できます!
・モニター価格(見本設置)なので安く取り付けることができます!

会話の中で、上記のような発言をする業者さんがいたら要注意です。太陽光発電システムに「絶対」ということはありません。考えられるすべての可能性を考慮して、お客さまを納得させてくれる業者さんから取り付けましょう。

また、「モニター価格(見本設置)なので安く取り付けることができます!」このような怪しげな発言には要注意です。不当な契約を示唆する行為は違法となっています。

▲契約日を入れて、8日以内であれば、「クーリングオフ」を適用することができます。
ご契約後、業者さんと契約してトラブルになってしまった際は、国民生活センターまたはお近くの消費者センターに相談してください。
契約書(申込書)を受け取った日から、その日を含めて8日間は、購入者が、一切の不利益を被ることなく無条件で申込の撤回または契約の解除ができるクーリングオフ制度が適用されます。

悪徳業者チェックリスト


信頼できる業者さんに出会うためには、より多くの業者さんとコンタクトをとることが大事です。しかし、そのためには多くの時間が必要になり、あまり現実的ではありません。
そこでおすすめするのが、一括見積もりサービスです。

まずは見積もり!興味本位でもだいじょうぶですよ!



こちらもおすすめ!日本最大級の施工実績で満足度93%!




太陽光発電をご検討中の方。太陽光発電の売電と補助金の秘密

太陽光発電の4つのデメリット

プロパンガスの料金をグンと安くする方法

注目記事はコチラ